大阪府の出張写真撮影

大阪府の出張写真撮影カメラマン依頼・予約19,800円〜

出張 撮影 大阪

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは大阪府内でのプロカメラマン(写真家・フォトグラファー)による出張撮影・随行撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚式写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

サービス内容、ご利用料金、その他情報につきましては、下記の当サービス公式ホームページにて詳しく記載しております。

出張 撮影

 

お急ぎの方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 撮影 依頼

 

≪地域情報≫

 

大阪府(おおさかふ)は、近畿地方に属する日本の都道府県の一つである。府庁所在地は大阪市。

 

出張 写真 大阪

 

歴史

現在の大阪市の基である大坂の町は、飛鳥時代の難波長柄豊埼宮(なにわのながらのとよさきのみや)や、住吉津(すみのえのつ)難波津(なにわのつ、なにわづ)を起源に持つ港湾都市であった。江戸時代には現在の大阪市中央部を広く町域とする大都市であり、日本経済の中心だった。のちの「大坂」が位置する上町台地は、古代には「難波潟」と呼ばれる湿地に突き出した半島状の陸地で、浪速(なみはや、なにわ)、難波(なにわ)、浪花(なにわ)、浪華(なにわ)などと書き表されてきた。

 

この地には、上代には大和朝廷が遣隋使や遣唐使などの使節を送り出したり返答使の迎接を行った住吉津や難波津が置かれ、国際港として賑わった。また仁徳天皇の時代には難波高津宮、孝徳天皇の時代には難波長柄豊崎宮、聖武天皇の時代には難波京(難波宮)が営まれ、都あるいは副都として機能した。律令制のもとでは都に置かれた京職に準じる特別の官署・摂津職によって管理された。上代から奈良時代にかけて難波の地がこのように重要視されたのは、大阪湾が西日本の交通の要である瀬戸内海の東端に位置している上、当時飛鳥古京・藤原京・平城京など当時の都が置かれていたから最も近い港湾であることによる。住吉津を管理する住吉大社は大和朝廷直属の社として別格だった。

 

難波津は土砂の堆積により港としての機能が衰え、奈良時代末には神崎川河口の河尻泊(現在の兵庫県尼崎市)などに繁栄を譲る。しかし平安時代に淀川水系を利用して営まれた平安京が恒久的な都となったことから、瀬戸内海から淀川を通じて京都に通じる水運の要衝として栄えたほか、北から淀川を渡り南の四天王寺や住吉大社、さらには熊野へと続く陸上交通の要衝としても栄えた。

 

文化

大阪は長らく日本の文化の中心地であった京都に近く、また西日本最大の都市として発展したため、独自の文化を築いてきた。以下の食文化や芸能文化がよく知られるほか、大阪弁(浪花言葉)は東京方言や京言葉などとともに日本で最も知られた方言の一つである。

 

食文化

全国からあらゆる食材が集まる「天下の台所」であったことから、大阪では独特の食文化が栄え、「大阪の食い倒れ」(大阪人は破産しそうなほど飲食に贅沢をするという意味であるが、大阪人は食べ物自慢にうるさい、大阪には食べ切れないほど美味いものが沢山ある、といった意味でも使われる)という諺まで生まれた。しゃぶしゃぶや懐石料理、うどんすき、大阪寿司などの本格料理から、たこ焼きやお好み焼き、串カツ、イカ焼きといった、“粉もん”を中心とした庶民の味まで、さまざまな料理が楽しめる。

 

昔からの土産物としては岩おこしや昆布があるが、食材生産地というよりも食材集積地という環境であったことから、これぞ大阪という特産品・土産物には恵まれていない。例えば新大阪駅で買われる土産物のトップは伊勢名物のはずの「赤福」である。

 

現在は廃れたもののきゅうり、大根などの伝統野菜(なにわ野菜)が見直されたり、和泉でしかできない水茄子や和泉の玉葱、水菜など野菜の特産もある。昔から“大阪の味”として親しまれてきたものとしては、鱧、フグ、きつねうどん、まむしなどがある。特にフグは全国消費量の約6割が大阪での消費であり、代表的な料理法としてはてっちりやてっさが挙げられる。また、過去には主に商人の食卓で、「半助」(蒲焼にした後のウナギの頭部)を使った炊き合わせや「船場汁」(サバなどの魚の骨でだしをとった吸い物)など、“節約料理”も数多く見られた。

 

鶴橋などのコリア・タウンがあることから焼肉の店も多く、日本でホルモン焼きが広まった最初の都市である。またインスタントラーメン(日清食品)や酢昆布など、意外な大阪発祥の料理・食品も多い。

 

芸能

人形浄瑠璃発祥地であり本場。大坂相撲や上方歌舞伎も盛んであった。このほかにも庶民の娯楽として、米沢彦八らが起源とされる上方落語、漫才、吉本新喜劇・松竹新喜劇などのお笑い文化が栄えている。大阪は商業の町としての性格上、お互いに角の立たない円滑で穏和なコミュニケーション術が発達した。こうしたことが大阪でお笑い文化が花開く素地となったのではないかとされる。

 

地理・地域

大阪府は、近畿地方の中部に位置し、京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県と接する。古くから上方へ通じる水上交通の要地である。南西部は大阪湾。かつては面積の最も狭い都道府県(46位は香川県)であったが、1988年10月1日に国土地理院が算定法を見直し、岡山県玉野市との間に境界未定部分がある香川県直島町の面積(14.2km2)を県全体の面積に算入しないことになったため、香川県の面積が減少し、大阪府と逆転したことで46位となった]。その後、大阪府では関西国際空港の開港や大阪市西部の開発などで埋め立てが進められたため、現在では直島町を含めた香川県の参考値をも上回る面積となっている。海に面している都道府県のうち唯一、海上に自然島の離島を有していない。

 

政令指定都市

●大阪市
当初の4区から5度にわたる再編を経て現在は24区。政令指定都市の行政区数としては最多である。なお、最多時はさらに2区多い26区だった。
西区、浪速区、西成区、港区、此花区、西淀川区、東淀川区、東成区、天王寺区、住吉区、大正区、旭区、福島区、都島区、城東区、生野区、阿倍野区、東住吉区、淀川区、鶴見区、平野区、住之江区、中央区(府庁舎所在地)、北区(市庁舎所在地)、

 

●堺市7区
堺区(市庁舎所在地)、中区、東区、西区、南区、北区、美原区

 

人口

2010年(平成22年)国勢調査より前回調査からの人口増減を見ると、中心部に集中、北・南端の減少が顕著になっている。大阪市、堺市を区に分割した72市区町村の増減率上位は、1位=大阪市中央区、2位=大阪市西区、3位=大阪市浪速区、5位=大阪市福島区、6位=大阪市北区、7位=大阪市天王寺区であった一方、下位は1位=能勢町、2位=豊能町、3位=千早赤阪村、4位=岬町、5位=河内長野市、6位=富田林市の順であった。

 

経済・産業

バブル経済崩壊の影響を受けたのに加え府や大阪市の財政事情悪化も重なり地域経済は停滞していたが、最近は回復の兆しが見え始めている。府内総生産は40兆円を超えており、G20参加国のサウジアラビアやアルゼンチンの国内総生産を凌ぐ経済規模を有している。

 

鉄道

大阪府内の鉄道路線網は私鉄の割合が大きく、「私鉄王国・関西」と呼ばれる。また、それら在阪の電鉄各社は百貨店やホテルなどの多角的な経営を行っている。さらに2006年(平成18年)10月には阪急と阪神が経営統合し、阪急阪神東宝グループが誕生した。私鉄各社や大阪市交通局などでは、関西共通カードシステム「スルッとKANSAI」「PiTaPa」(いずれも一部路線・区間を除く)が利用可能である。また、自動改札機の整備率は高い。高槻市や枚方市などの北東部地域では、東海道新幹線への乗り継ぎは京都府の京都駅を利用するのが主流となっている。また大阪最大のターミナル駅である梅田駅(大阪駅)から神戸市・京都市のそれぞれの繁華街へは、三宮まで最短20分(JR利用)、河原町(阪急利用)まで40分足らずで行くことができる。

 

●ターミナル駅
・梅田周辺6駅(JR:大阪駅・北新地駅、地下鉄:梅田駅・西梅田駅・東梅田駅、阪急:梅田駅、阪神:梅田駅)
・新大阪駅(JR、地下鉄)
・難波周辺4駅(JR:JR難波駅、地下鉄:難波駅3線、南海:難波駅、近鉄・阪神:大阪難波駅)
・天王寺周辺4駅(JR:天王寺駅、近鉄:大阪阿部野橋駅、地下鉄:天王寺駅2線、阪堺:天王寺駅前駅)

 

●大阪府内の連絡
・西日本旅客鉄道(JR西日本)、大阪環状線、桜島線(JRゆめ咲線)、関西空港線、おおさか東線、阪和線羽衣支線
・大阪市営地下鉄
・北大阪急行電鉄、南北線
・阪急電鉄、千里線、箕面線
・大阪高速鉄道、大阪モノレール線、国際文化公園都市線(彩都線)
・京阪電気鉄道、交野線、中之島線
・近畿日本鉄道 難波線、信貴線、西信貴鋼索線、道明寺線、長野線
・阪堺電気軌道、阪堺線、上町線
・南海電気鉄道、高師浜線、空港線、多奈川線、汐見橋線
・水間鉄道、水間線
・泉北高速鉄道、泉北高速鉄道線

 

●隣接府県への連絡
・西日本旅客鉄道、東海道本線(JR京都線、JR神戸線)、福知山線(JR宝塚線)、片町線(学研都市線)、JR東西線、阪和線、関西本線(大和路線)
・阪急電鉄、神戸本線、宝塚本線、京都本線
・阪神電気鉄道、本線、阪神なんば線
・京阪電気鉄道、京阪本線
・近畿日本鉄道、奈良線、けいはんな線、南大阪線、大阪線
・南海電気鉄道、南海本線、高野線
・能勢電鉄、妙見線

 

●国内主要都市への連絡
・東京都(東京駅):東海道新幹線
・名古屋市(名古屋駅・近鉄名古屋駅):東海道新幹線、近鉄大阪線・名古屋線を経由する近鉄特急(名阪特急)
・広島市(広島駅):山陽新幹線
・福岡市(博多駅):山陽新幹線

 

空港

大阪国際空港(大阪空港・伊丹空港)、「大阪第二飛行場」として1939年に開港。府内豊中市と池田市、兵庫県伊丹市にまたがる空港。下記の関西国際空港開港後も“大阪国際空港”が正式名称だが、わずかな例外を除いて国際線の就航はなく、国内線専用の基幹空港として利用されている。

 

関西国際空港(関西空港・関空)、1994年に泉州沖に開港。関西三空港で唯一定期国際線が就航しており、関西における日本の空の玄関口として毎年数百万人の外国人観光客が訪れる。大阪国際空港に比べて便数は少ないが、国内線網も充実している。八尾空港、1933年に現在の八尾市に阪神飛行学校の養成施設として設置。中小規模空港で定期便はないが、ゼネラル・アビエーションの拠点であり、自家用飛行機などを所有する一部の富裕層も利用している。自衛隊・大阪府警をはじめ、公共機関も利用する。